精神疾患における恋愛の効果について

精神疾患で多くある鬱病や鬱症状ですが、実は恋愛をする事で改善されるケースが多くあります。何故、改善されるのかというと恋愛感情が芽生えることで脳内のアドレナリンが分泌されます。この興奮を促すアドレナリンが脳神経を刺激する事で、鬱状態にある人も回復する見込みが出てくるのです。特に軽度の鬱の場合には効果は非常に強く、服薬が不要になるという場合もあります。恋愛の効果と言うのはそれだけではなく、特に女性で有れば女性ホルモンが活発になる為、女性性に対しての認識がより行いやすくなり、無気力な状況から脱出できる事があります。また。男性の場合はアドレナリン等の興奮から無気力の脱却に繋がるというケースがあります。しかしどちらにしても恋愛だけを生きがいの様にしてしまうのはリスクも伴うため、精神疾患がある状態で恋愛を行う際には、様々な注意が必要です。特に急に距離が縮まってしまう場合には距離感が掴めないで共依存に至る事もあります。

虫歯になっちゃった。。

http://u-25.net/

http://www.kageki-club.com/

梅田 風俗

大阪の高額バイト求人です。